メインイメージ

取得する意味

業者にとって建設業許可を取得する意味

近年、中古住宅を改装して、快適に長く住みたいという人が増えてきています。これは、業者のリフォームなどの技術が向上したことや、それまでの家が、丈夫で質の良い建材で建てられていた場合、それらを活かした方が、費用の面からみても安く済むという理由も挙げられるようです。また、新築の一戸建てを購入したいと思った場合には、新たに開発された分譲地となると、利便性の点から考えると、少し不便な立地であるケースも少なくないのですが、中古物件が売りに出された場合には、比較的、利便性が良い立地こともあり、その中古物件を取り壊して新築住宅を建て直すよりは、中古物件を自分たちの好みにリフォームして住むという選択肢もあることでしょう。最近では、業者でも、そのような中古物件を独自にリフォームして、売却しているというケースもよくみられます。

そのような業者のなかには、建設業許可を取得しているところと、取得していないところがあります。業者にとって、建設業許可を取得する意味とは何なのかを考えた際、このように、中古住宅を少しでも安く、快適にリフォームしたいと願う依頼主の立場を考えると分かりやすいことでしょう。工事を依頼したい人の多くは、建築については専門の知識を持ち合わせていない場合が多いといえます。また、特に内装の工事などの場合は、見た目には美しくなっていても、ずさんな工事が行われている可能性もありますし、そういったことを一般の人が見極めるのは非常に困難だともいえます。そのような時に、建設業許可を取得している業者であると分かっていれば、取得していない場合に比べると、信頼度はかなり高まるといえるでしょう。

建設業許可は、500万円以上の工事を行う際には、必ず取得することが義務付けられているものですが、500万円以下の工事を行う場合であっても、建設業許可を取得しておくことで得られるものは少なくないのです。一戸建て住宅に限らず、マンションなども、リフォームしたいという需要はこれからも増えていくことでしょう。500万円以下の工事しかしないつもりでも、思わぬことで500万円を超過してしまう場合もあるかもしれません。しかし、建設業許可は、取得したいと思っても、すぐ取得できるというものではありませんから、せっかくの仕事の依頼が受けられないということにもなってしまいます。ですから、建設業許可についてのしっかりとした知識をもっておくことが大切です。

Copyright© 2015 建設業許可が必要な工事の条件について All Rights Reserved.